水の精霊・アプサラス

アプサラスは天界の水の精霊、森の精霊の一族です。
アプとは「水」という意味です。
彼女たちの美しさは、神々をも魅了し、アプラサスの美しさ見たさにインドラ神は千眼を、シヴァ神は四面を生じさせたとつたえられています。

とくに有名なのが、ウルヴァシーというアプサラスです。
日本では、天女として知られています。

男女に幸福をもたらす存在でもあります。
アプサラスのアチューンメントを受けるものに、官能的な美しさを与え、幸せと喜びを与えてくれます。

このアチューンメントを受け取った方は、他の人にアチューンメントを行えるようになります。

感じ方は個人差がありますので、何も感じない場合もあります。